このページの先頭です

妊娠中の食事で過剰摂取すると妊婦の体調に影響を及ぼす成分まとめ

69views

投稿日:

多ければいいわけではない妊娠中の栄養摂取の注意点

脂溶性の性質を持つビタミンAに要注意

女性にとって美容面でも欠かすことのできないビタミンですが、ベビ待ち女性や妊娠中の女性が母子の健康維持にも積極的に摂取していくことが望ましい成分です。このビタミンには2つの性質を持つものがあり、水に溶ける水溶性のものであれば多めに摂取しても汗や尿から体外に排出されます。ここで注意したいのが、水に溶けない脂溶性のものです。

摂りすぎた場合には肝臓、脂肪細胞に蓄積されていきますので、これに該当するビタミンA、D、Kのうち、特にビタミンAとDはくれぐれも過剰摂取にならないように気をつけていかなければなりません。ビタミンAにはレチノール、βカロテンの2つの種類があり、過剰に摂り入れた場合、動物性食品に多く含まれるレチノールが胎児の奇形リスクを高めるとされています。

妊娠初期の場合には650μg程度、妊娠中期から後期にかけては730μg程度が上限とされており、胎児の奇形リスクが高まるのはレチノールの量が3000μg以上の場合です。100gあたりのレチノール含有量が多い食材は以下の通りになります。

  • 豚レバー13000μg
  • 鳥レバー15000μg
  • アンキモ8500μg
  • 銀ダラ1000μg

特にレバーは少量の摂取でもすぐに危険量となってしまいますので、妊娠中は食べないほうがいいでしょう。摂りすぎた場合、関節痛や乾燥、脱毛、頭痛、食欲不振や肝機能障害といった症状が現れます。

尿毒症の危険性が高まるビタミンD

同じく脂溶性であるビタミンDは日光に当たることによって活性化され、カルシウム吸収率を高めて胎児の骨を育てます。1日の上限摂取量は成人で50μg程度ですが、通常の食事からでは過剰摂取になるほどの量にはなりません。

  • キクラゲ440μg
  • アンキモ110μg

100gあたりで多い食材はこういったもので、他にもイワシやサケ、サバなどに豊富です。摂取量が多くなると血中カルシウム濃度が上昇することにより、尿毒症のリスクが高まりますので注意が必要になります。ただし、一時的な大量摂取ですぐに尿毒症になるわけではありません。他にも便秘や下痢、嘔吐などの症状が現れます。

ベビ待ち期から気をつけたい塩分

妊娠の有無にかかわらず、日頃から摂取量に気をつけていきたいのが塩分です。ファストフードやレトルト食品に大量に含まれているため、現代人は摂取過多になりやすい傾向にあります。成人女性の場合には1日に7g未満に抑えておくことが望ましいとされています。大量摂取をすると妊娠高血圧症候群のリスクが高まり、胎児の発育不良の原因になりますので注意してください。

体重増加に繋がる糖分

妊娠初期から甘いものを異常に欲するという女性は少なくありません。これは黄体ホルモンの働きにより味覚に影響が出るためで、特に急激にホルモンが変化をする妊娠初期に強めの味を欲しやすくなるのが原因になります。しかし、糖分の摂取過多は塩分と同じく妊娠高血圧症候群、そして血糖値の上昇で糖尿病のリスクを高めることになりますので気をつけなければなりません。また、体重増加によって難産になる可能性が大きくなるため注意が必要です。

栄養補助に利用するサプリを摂取する際の注意点

妊婦必須の葉酸サプリも配合成分に気をつけよう

妊活に欠かせない、胎児の異常リスクを軽減する効果のある葉酸ですが、食事からの摂取と共に葉酸サプリで効率よく摂り入れているというかたが多く見られます。しかし、サプリの中には葉酸だけではなく、各種ビタミンや他成分が多く配合されている点に気をつけてください。気がつかないうちに摂取量が増えている成分がある可能性も少なくありません。

選び方としては、しっかりと配合成分を確かめておくことが重要です。高価なサプリは比較的成分がシンプルで余計なものが入っていないことが多いため、摂取成分の管理をきちんと行いたい場合にはそれなりの葉酸サプリを利用することをおすすめします。複数種類のサプリを利用する場合にも、メインの成分だけではなくその他の配合成分にも注目し、くれぐれも過剰摂取にならないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です