このページの先頭です

妊娠中の飲酒による胎児への影響|妊婦がお酒を飲まない方が良い理由

72views

投稿日:

胎児性アルコール症候群のリスクを考える

妊娠中ママがお酒を飲まない方がいい理由

普段から飲酒していたママにとって、妊娠が発覚した後の禁酒はつらいという方も少なくありません。「少しくらいは飲んでもいい」と思い、ついつい飲む習慣を止められないという場合は注意が必要です。アルコールを摂取した場合、アルコール濃度の高い血液がママの体内をめぐります。すると、そのアルコール濃度の高い血液によって、酸素や栄養と一緒にアルコール成分までもがへその緒から赤ちゃんへと伝わってしまいます。

大人であれば肝臓でアルコールは分解されるため心配ありませんが、胎児は肝機能が未発達のためアルコールの分解を上手にできません。つまり、ママがお酒を飲み続けることによって、赤ちゃんの体中にどんどんアルコール成分が溜まってしまう危険性が生じてしまうのです。

胎児性アルコール症候群とは何か

肝機能が未発達なためにアルコール成分を分解できず、蓄積してしまった赤ちゃんはどうなってしまうのでしょうか。「胎児性アルコール症候群」と呼ばれる状態になると、赤ちゃんは奇形や先天性疾患のリスクが高まると言われています。また、生まれてきた時にも様々な症状が現れる可能性があります。

中枢神経の障害

中枢神経の異常があった場合、発達障害や学習障害といった障害を持って生まれることもあります。

発育の遅れ

出産予定日までの間に、低体重や低身長と診断される場合があります。低体重の場合、体力が普通分娩に耐えられないと診断された場合は帝王切開になることもあるようです。

奇形や形成異常

顔面の奇形や心疾患・手足の形成異常といったリスクも高まります。

出産間近に後悔しないために

機能障害や形成異常、発達の遅れは赤ちゃんの人生に深く影響します。飲酒以外でもそれらの症状が発生するリスクは高まりますが、可能性は少しでも減らしてあげたいと思うのが親の気持ちです。

医師に「低体重で心疾患や奇形の可能性があります。」と診断された瞬間、パパもママもとても苦しくなります。「何が悪かったのだろう。」と自分たちを責める気持ちになります。後悔や悲しみで涙が止まらない日々を過ごすことがあります。赤ちゃんのためにもパパとママができる努力をしてあげたいですね。

どの程度の飲酒でリスクが高まるのか

それでもお酒を飲みたいという場合、どれくらいなら飲めるのか

アメリカでは、1日ビール250ml程度の飲酒量では胎児性アルコール症候群は問題ないとされているそうです。しかし日本人とアメリカ人では体格も異なります。そのため、厚生労働省では欧米のデータは日本人には当てはまらないとし飲酒は推奨していません。

厚生労働省のホームページには、「胎児性アルコール症候群には治療法がない」「妊娠中は完全にお酒を止めるように」といった文言がありました。日本人はアルコールに弱く分解機能が外国人と比較しても低いというデータもあるため、禁酒すべきだということが分かります。

葉酸サプリなどを飲んでいる妊娠中ママは要注意

ベビ待ちママや妊娠初期のママをはじめ、妊娠中ママの多くは葉酸サプリなどのサプリメントを利用している方が少なくありません。しかし、葉酸などを摂取しているママは飲酒時の効果が期待されません。本来であれば体内で栄養が分解されていくのですが、アルコールを分解することを体が優先してしまうためです。

そのため、アルコールを控えるべきなのは妊娠中のママだけでなく、ベビ待ちママや妊娠初期のママも同様であることが分かります。栄養をしっかりと蓄え、赤ちゃんにも与えるためには飲酒はすべきではないのです。サプリの選び方やどのサプリメントがいいのかと考えている方で飲酒中の方は、サプリよりも先に禁酒方法を考えることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です